再婚(バツイチ)向け婚活パーティーについて

バツイチはモテる!?
今、バツイチの婚活市場はアツい!!

離婚経験がある方、独り身になってから時間が経ったからそろそろ第二の人生のパートナー探しをしたいと思っている方におススメなのが再婚希望者向けパーティーです。

今や、日本の夫婦の3組に1組は離婚しているといわれていて、再婚のために婚活をしている人も少なくはありません。また最近では離婚経験者は経験値・包容力がある、バツイチではなくマルイチなんて言われるほど肯定的にとらえられる風潮もあります。

そのため再婚希望者向け・バツイチ向けパーティーは婚活市場の中でも活気のあるジャンルのひとつなんです。

再婚希望者向けパーティーとは

過去に結婚経験のある男女を対象としたパーティーです。
理解者向けという、結婚歴があることに理解のある人を含めることもあります。参加者の条件に縛りがあるだけで、1on1トークタイム→フリータイム→カップリングといった流れは通常のお見合いパーティーと変わりません。

お互いがバツイチ同士だと、結婚に対する現実的な価値観や、もう失敗したくないという思いがあるはずですし、お互いの子どもに対しても理解があるでしょう。

再婚のための婚活がスムーズにいくのが再婚希望者向けパーティーです!

バツイチ婚活成功のコツ

■離婚理由の伝え方や子どもの有無の伝え方に注意!

過去に結婚した経験があるということは、1人の人と人生を歩む決断をしたことがあるということ。30代後半くらいから離婚歴=結婚歴としてポジティブに解釈され武器にもなりえます。

例えば40年間独身を貫いている人よりは、バツイチの人の方が人気が高いともいわれています。離婚歴について、失敗したのではなく、この方法ではうまくいかないと学び婚活を行うことで、よい出会いとよい再婚生活が待っているはずです。

■離婚理由の伝え方や子どもの有無の伝え方に注意!

バツイチの人と出会ったときに誰もが気になるのが離婚の理由と子供がいるかどうか。

離婚理由については相手のことを一方的に悪者扱いしないことが重要!

自分勝手な人間と思われてしまうので、注意してください。かといって自分のことを責めすぎるのもNG!また同じことを繰り返しそう…と受け取られる可能性があります。

相性がよくなかった、どちらも悪くなかったといったニュアンスで伝えると悪い印象を与えないので、うまくいくでしょう。

子どもの有無については、ウソをつかないこと。もし離婚相手に親権がある場合は、それでもきちんと責任をもって対応していることを伝えましょう。

まとめ

離婚する夫婦が増えている現代では、離婚歴のある人を色眼鏡で見るような風潮は薄れてきています。少しでも再婚したいと考えているのなら、一歩踏み出さないことには何も始まりません。

参加したらその場ですぐに再婚が決まるわけでもないので、まずは参加して出会いの時間を楽しんでみてください。

婚活パーティーに関する口コミ

表情をタップして口コミを投稿しよう!

特集

婚活パーティーで相手の年収をざっくり把握するマル秘テクニック

婚活で男性の年収をチェックするための会話の仕方や話題を紹介!高収入・高年収で安定した男性を見極めるコツは〇〇だった?!収入が高い人の住んでいる地域や場所・職...

特集一覧へ

コラム

ページトップへ